カウンセリングの感想(2回目以降)

送付の仕方について

初回時と同様、できればEメールでお送りください。可能であればWord文書の添付ファイルとしてお送りいただければ幸いです。

 

パソコンは使い慣れていないけれど携帯メールは使えるという方は、数通に分けてお送りいただければ大丈夫です。Eメール以外の方法、例えばFAXや郵送をご希望の場合にはどうぞご相談ください。

 

送付の期限

診察(カウンセリング)をお受けになった日より数えて一週間以内。

 

感想の書き方について

1.分量:A4 1ページ以上。

 

2.書式

 

一番最初に、お名前、ふりがな、生年月日(西暦)、ご年齢、お住まいの都道府県、前世療法を受けた日時についてお書きください。

 

例:山田 花子。やまだ はなこ。1966年5月4日。48歳。神奈川県。201455日(日)14時―。

 

l書き方についてご不安な点があれば医師までご相談ください。

l文章よりも絵など他の方法のほうが表現しやすい方は

  医師にご相談ください。

 

3. 内容:以下の点についてお書きください。

 

①今回は何回目の診察(カウンセリング)か。

 

 例:○○回目。

 

 

②前回の診察(カウンセリング)からどのくらいの期間が経っているか。前世療法をお受けになっている方は、前回からどのくらいの期間が経っているかについてもお書き添えください。

 

 

例:1.前回の診察(カウンセリング)から  ○○週間。○○ヶ月。

 

 

  2.  前回の前世療法から  ○○週間。○○ヶ月。

 

 

 

③前回の診察(カウンセリング)または前世療法等から今回までの間にどのような変化があったか。

  

 

 1. メンタル面での変化

 

 2.体調面での変化

 

 3.日常生活や、自分のおかれた環境面での変化

 

 

 特に変化を感じなかった場合には、変化なしとお書きください。

 

 

④今回診察(カウンセリング)を受けようと思った理由。どのようなことを解決しようと思って受けたかという点についてもお書き添えください。

 

 

⑤ 診察(カウンセリング)を受ける前にどのような準備をしたか。

 

 

  例:ノートに自分の気持ちを記録した。問診票を記録した。〇〇について調べた。

 

 

⑥どのような気持ち(心構え)で受けたか。

 

  例:自分が現在抱えている問題を解決したいと思って必死だった。何か方法があるならと思って受けた。

 

  例:試しに受けてみようと思って結果にあまりこだわらずに受けた。

 

 

⑦診察(カウンセリング)中にどのような体験をしたか。

 

  相談内容、カウンセリング中に気づいたこと、など  

 

 

⑧診察(カウンセリング)を受けて考えたこと。

 

  どのようなことでも大丈夫です。ご自身の考えたことを

 

  書き記してください。

 

 

⑨受けた後の心の変化。ポジティブな変化。副作用が生じた方はそれについてもお書きください。

  

 

ポジティブな変化例:不安が減って穏やかな気持ちが続いている。以前より怒らなくなった。今後の方向性が明確になったように思う。

 

 

 

副作用:抑えていた気持ちがあふれてしまって、自分でもどうしたらよいかわからなくなった。23日で改善した。

 

 

⑩ 受けた後の体の変化。ポジティブな変化。副作用が生じた方はそれについてもお書きください。

 

 

ポジティブな変化(例):すっきりして体が軽くなった。現在も続いている。

 

 

  副作用(例):頭痛がしたが翌日には退いた。 

 

 

 

⑪ 診察(カウンセリング)が今後の生活(人生)にどのように役立ちそうか。

 

 

 

⑫(今後の診察(カウンセリング)のご予定のある方は)今後どのような点について相談しようと考えているか。

 

 

 

⑬追加でもしあれば、当院の治療・サービスについて、以下の点についてお書き添えください。

 

 

1.良いと思う点

 

2.このようにしたらもっと良くなる、と思う点。

 

3. ご要望。欲しいサービス等。

 

 

 

⑭追加でもしあれば、当院のウェブサイトについて、以下の点についてお書き添えください。

 

  

  1.良いと思う点

 

2.このようにしたらもっと良くなる、と思う点。

 

 

 

⑮その他コメント。

 

 

 ありがとうございました。

前世療法センターのホームページはこちら

リバーサイドメンタルクリニックのブログはこちら

このビデオは、米国NY州にあるOmega Instituteにて行われたワイス先生のワークショップの模様が配信されたものです。ワイス先生が短い講演と集団退行催眠(Group regression)を行っています。